国税庁のホームページに平成28年分給与所得の源泉徴収票(平成28年分以降に使用予定の様式として)が掲載されました。

 10月2日の所得税法施行規則等の改正により受給者交付用の源泉徴収票には個人番号を記載しない事とされましたので受給者交付用の源泉徴収票には「支払を受ける者」「控除対象配偶」「控除対象扶養親族」「16歳未満の扶養親族」の個人番号欄および「支払者」の個人番号又は法人番号には、斜線が入っています。

※税務署提出用には個人番号または法人番号の記載が必要です。
 記載方法も合わせて確認した方がよろしいでしょう。

源泉図

[国税庁ホームページ]